おまとめローンというものをご存知ですか?「今の返済額でやっていけるかわからない」「申込んでも借換できるかどうか分からない」という方は、是非おまとめローンの検討をお勧めします。

お手元の「金銭貸借契約書」をいま一度ご確認ください。金利はどの程度ですか?利息制限法を上回る金利で借入したりしていませんか?小口の無担保キャッシングでの借入は、ほとんどの場合、利息制限法の上限に近い金利が適用されています。

利息制限法では、借入金額が少なければ上限金利は高く、借入金額が多くなれば低い上限金利が適用されますので、複数の借入れを一つにまとめることで、トータルの金利負担を減らせる可能性があります。

さらに、現在限度額いっぱい借入れていて、また別の業者からの借入れを検討している方も、おまとめローンはお役に立ちます。借入額や返済期間をトータルに再検討することで、今より返済総額や利息を減らせるかもしれません。おまとめローンを提供している金融機関はたくさんありますので、こちらのホームページで紹介していきます。

銀行のおまとめローンは総量規制の対象外

消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用する場合、借入金額は年収の3分の1までを上限とするいわゆる「総量規制」の制限があります。

年収300万円の人であれば、借入は100万円までしかできないことになります。しかし、銀行が提供するカードローンやおまとめローンなどは総量規制の適用を受けませんので、年収の3分の1を超える金額を借り入れることができます。

ただし条件があり、「顧客に一方的有利となる借換え」であると認められる必要があります。つまり、返済金額や返済期間、毎月の返済額といった要素すべてが今よりも顧客に有利にならなければなりません。

逆に、これらの条件をすべて満たせば総量規制の適用から外れ、おまとめローンや借換ローンの適用を受けられます。借金地獄から逃れる一つの方法としておまとめローンを選ぶわけですから、できるだけ金利が低くて融資枠が大きい商品を選びましょう。自分にあった銀行を選ぶためにも、ネットでの情報収集は非常に有益ですね。

(参考)お金を借りる情報サイト集
1.お金を借りる URL:http://xn--t8j0gd0a9941bjdu187cls0a.net/

借金の一本化に最適な「おまとめローン」の種類と利用法

おまとめローンとは、複数の会社から借り入れしている借金を1つの契約にまとめて返済しやすくし、金利も低くなるという借金返済に特化した商品のことです。複数あった返済日が月に1回だけになりますのでお金の管理もしやすくなりますし、一社からの借入金額が大きくなることで金利が下がり利息も安くなる場合もあります。ただし場合によってはローンをまとめることによって金利が逆に高くなってしまうという可能性がないわけではありません。おまとめローンに興味がある場合はしっかりと条件を調べて、有利になるかどうかを確認する必要があります。

■おまとめローンには複数の種類がある
おまとめローンは借入金額が大きになることから審査も若干厳しくなるという特徴もありますので、誰でも利用できるわけではありませんが、借り入れ件数が増えてきて返済が大変だと感じることがあるのならば検討に値する商品といえます。おまとめローンを提供しているのは銀行のみではなく消費者金融のサービスもあります。消費者金融のおまとめローンについても総量規制の例外に該当しますので年収の3分の1以上の金額でも利用可能です。

■銀行カードローンのおまとめ利用する場合
銀行カードローンの中にはおまとめ専用の商品も中にはありますが通常の使用目的自由の銀行カードローンをおまとめ目的で利用することも可能です。銀行カードローンはもともと低金利が魅力のサービスですし、まとめて借り入れ額が大きくなれば金利が10%下回る可能性もあります。

もし銀行のカードローンを利用をしておまとめをするのであれば審査の時に決められた限度額の範囲内ならば自由に追加で借り入れができます。消費者金融のおまとめ専用ローンでは自由な追加借り入れはできませんのでどうしても困ったときにはつらいと言う現実もあります。おまとめ専用のローンは審査の手続きも若干時間がかかる場合があり、中には1ヵ月以上かかるケースもあります。銀行カードローンであれば通常の無担保融資ですので最短で即日利用開始も可能という違いもあります。

■債務整理という選択肢
もしおまとめローン利用することで借金返済しやすくなり完済できるならばそれが理想的ですが借りる件数が複数になっている時点で支払いが苦しいという場合も多いはずです。おまとめローンを利用することで逆に返済が難しくなってしまうという可能性も全くないわけではありませんので、返済が厳しいと感じているならば自己破産や任意整理などの債務整理をするという方法もあります。

もし債務整理をすると自分の信用情報にその記録が残ることになります。これは事故情報や異動情報と呼ばれることもあります。このような記録残ってしまうとそれ以降は、ローン等で借り入れをするときの審査が厳しくなってしまいます。もし債務整理をするしかないと判断するのであればその専門家に相談をする必要がありますが、信用情報機関にその記録を残したくないと思う人はおまとめローンを検討してみるのがおすすめです。