お金を借りた以上、必ずやってくるのが返済日です。では、一生懸命返済している金額のうち、どのぐらいが元金の返済で、どのぐらいが利息に充当されるのか、正確にご存知でしょうか?

金融業者としては、利用者が返済したお金は、まず利息分として取扱います。遅延損害金などが発生した場合は次回の返済金からしっかり充当されていき、元金が減るのは一番最後になります。

利息の額を減らそうとするならば、方法は2つあります。

まず複数の業者から借入れているのであれば、金利の高いものから返していきます。そしてできるだけ繰上返済していきましょう。繰上返済はすべて元金の返済として取扱われますので、利息額を減らす大きな効果があります。

利息額は元金と利率と期間によって決まりますので、自分が借りている業者の利率を確認して、ボーナスや臨時収入があった場合、なるべく返済に充てるようにすれば、返済金額に占める利息の割合はどんどん少なくなっていきます。