毎月の給与の中から安定的に借入金を返済する方法として、「リボルビング払い」があります。

リボルビング払いにはいくつかの種類があり、定額方式・定率方式・残高スライド方式などがあり、毎月の返済額を一定にすることで、生活に支障をきたさない範囲で返済できることが長所です。利用限度額に余裕があれば追加借入も可能で、定額方式であれば、返済上限額を超えた部分は翌月以降に返済すればよいということになります。

これに対して短所は、毎月の返済額が一定額であるため借金をしているという感覚が薄れてしまったり、返済が長期に渡ると金利額が激増してしまうことです。追加借入れができて返済期間を延長することにより返済額を一定にするというメリットが、かえってデメリットになってしまうのです。

おまとめローンや借換ローンにリボルビング払いを利用する際は、このようなメリットとデメリットをしっかり理解した上で、極力追加の借入れをしない、ということが重要になりますね。