急にお金が必要になった場合、親兄弟や友人から借入れできればよいのですが、なかなかそうはいきません。手軽にお金が借りられるキャッシングやカードローンに目が行ってしまうのは、ある意味仕方のないことです。

しかしよく注意しないと、不利な条件で借入れをすることになってしまいます。即日振込や他社借入OKなどのメリットばかりにとらわれて不当に高い金利で借り入れてしまったり、返済できずに厳しい取り立てにあったりしてしまいます。

現在は街なかの自動契約機やインターネットの普及など、手軽にお金を借りられると思ってしまいがちですが、お金を借りる場合に一番重要なのは気軽に借りられることではなく、金利が低いこと、これが最も重要です。

銀行が提供する借換やおまとめローンを利用する際には、今よりも金利が低くなることを確認しましょう。「敷居が高い」「手続きが面倒」などと考えず、しっかり情報収集して、より有利な借入方法を考えていきましょう。