おまとめローンに申し込むには、審査が必要です。どんな審査があるかというと、まずは住所、氏名、電話番号といった基本的な情報の審査。そして勤務先、勤続年数といった、定期的な収入の有無。もちろん他社での借入状況も審査対象です。中には収入証明書の提出を求められることもあります。

こういった種々の審査をクリアしてはじめて申し込めるのですが、万が一審査に落ちてしまったらどうなるのでしょう。

審査に落ちたと言う履歴は、個人情報信用機関に載せられます。いったんこの履歴が残ってしまえば、他社の審査を受けたときにそれが原因で審査落ちしてしまうこともあります。ですから安易な気持ちで申し込み、審査をするとのちのち不利益になることもあります。

審査に落ちやすい人は、第一に継続的な返済が期待できない人。例えば勤務先をちょこちょこ変えている、今の勤務先で勤続年数が5年未満、雇用形態がアルバイト、などといった場合です。こういった方は「今は収入があってもいつなくなるかわからない」と思われてしまいます。

また、過去に借入先とトラブルがあった方も審査に通りにくいです。踏み倒しはもちろん、返済の延滞も要注意とみなされます。もしものときに踏み倒されたら大変ですから、多額の貸付を避けるのは当然ですよね。

つまり審査で見られるのは「お金を貸す信頼に値する人物かどうか」。そのため勤務先への在籍確認も行われるのが通例です。

在籍確認は申し出た勤務先にきちんと在籍しているかどうかを確認するものです。借金やローンのことが会社に伝わっては困るという方も安心してください。確認する側もカードローンの申込みだと分からないように電話をしてくれます。

もし会社に在籍しているけれど休職中であったり、そもそも在籍していなかった場合は審査落ちとなるでしょう。安定的な収入があるかどうかは、重要視されます。一部の消費者金融などでは直近一月以内の給与明細を提出すれば在籍確認になるところもありますが、基本的にどこのカードローンでも在籍確認があると思っておきましょう。

審査に落ちるのが不安で、嘘の報告をしたくなる気持ちはわかります。ですが結局はばれてしまうので、正直に申告しておきましょう。

そもそも嘘の報告をしなければ審査に通りそうもない、と思ったのであれば申し込みはやめておきましょう。ほぼほぼ審査に通るだろう、という見極めができたときに申し込むようにすれば、無駄に自分の信用に傷をつけなくてもすみますよ。