専業主婦でもキャッシング会社などの借り入れを負担に思っている方もいらっしゃると思います。特に複数社から借り入れをしている場合には金利の負担がつらくなってくることも。毎月の負担を軽減するためにも、おまとめローンを利用して見てはいかがでしょうか。今回は専業主婦がおまとめローンを利用する際のあれこれについてまとめてみました。

複数社からの借り入れがあると、返済日が複数あることになるのですっきりしません。日々返済日に追われているような感覚になり、それがストレスになってしまうことも。そんなときおまとめローンを利用すれば、借り入れがすっきり明確化するだけでなく、金利の見直しによって返済総額を減らすこともできます。

2010年に総量規制が導入されましたが、これにより年収の3分の1以上の借り入れができなくなりました。このことから収入のない専業主婦はおまとめローンを利用できないと思われがちですが、実は専業主婦であっても利用は可能です。

なぜかというと、銀行は総量規制の対象外だから。つまり銀行系のおまとめローンであれば、借り入れに悩む専業主婦の強い味方になってくれるのです。

しかしおまとめローンにもデメリットもあります。それを知らないまま申し込むと、思わぬ事態に困ってしまうこともあります。

まずデメリットとして審査が厳しいと言う点が挙げられます。おまとめローンは基本的に他のローンより厳しい審査が行われます。借金を一本化して大きな借り入れにまとめるので、これは当然でしょう。

またおまとめローンを利用すると一般的に金利が下がりますが、同時に返済期間が延びれば最終的にまとめる前よりも返済額が大きくなってしまうこともあります。これもデメリットです。前倒しで借入額を減らしていけるのならいいのですが、一本化された借金の返済期間がどのくらいになるのかはきちんと精査しておく必要があります。

申し込む前には「自分が審査に通るかどうか」と「返済総額はいくらになるのか」「前倒しで返済していけるのか」ということを必ずシュミレーションしてください。